Twitter初心者に向けて概要と使用方法を説明

スポンサーリンク

こんにちは。気マぐレクローバーです🍀

Twitterを使い始めたけど、使い方がわからない
Twitterってどんなことが出来るの?
Twitterの機能について知りたい!

今回は、
そんな疑問をお持ちの方向けに
Twitterの概要と使い方について記載したいと思います。

この記事を読んでわかること
①Twitterの概要
②Twitterの基本機能

Twitterとは、
2006年7月に
米国のObvious社(現在のTwitter社)が開始した
SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)です。
日々のつぶやきのメッセージを、
最大140文字以内の短文を投稿して
コミュニケーションを図ることが出来ます。

投稿されたメッセージは「ツイート」と呼ばれ、
気に入った相手のアカウントをフォローすることで、
自分のアカウントのタイムライン画面へ、
フォローしたアカウントのツイートを表示させることが出来ます。

Twitterでは投稿のことを鳥のさえずりにたとえて「Tweet(ツイート)」と呼びます。
ツイートには文字だけでなく、画像や動画も添付可能です。
フォロー機能を使うことで
世界中のユーザーが発するリアルタイムの情報をチェックできます。

Twitterの基本機能

ここからは、
Twitterの基本機能について記載してきます。

ツイートとリツイート

ツイートとは、
Twitterに投稿するメッセージのことです。
テキスト・画像・動画の投稿が可能です。
1回の投稿で140文字まで投稿出来ます。

リツイートとは、
自分あるいは他の人のツイートを再びツイートすることです。

返信(リプライ)と@ツイート

返信(リプライ)とは、
タイムラインに流れている他の人のツイートにコメントすることです。


赤枠の吹き出しを押すと返信が出来ます。

返信すると、
メッセージの内容とともに
相手のユーザー名が表示されます。
自分に対しての返信が来た場合は、
自分のユーザー名が表示されます。

プロフィール画面

相手のプロフィール画面でフォローが出来ます。
フォローの数と、フォロワーの数が確認出来ます。

フォローとフォロー

フォローとは、
気に入ったアカウントに対して行うもので
自分がフォローしたアカウントがツイートすると
タイムラインに表示されるようになります。
お気に入り登録のようなものです。

フォロワーとは、
自分をフォローしてくれている人を指します。

通知画面

通知画面では、
自分で投稿した内容に対し
返信、フォロー、いいねされたものが通知されます。

@ツイートは、
自分宛てにツイートされたものを見ることが出来ます。

ヘッダーメニュー

・ホームボタン
押すとタイムラインへに遷移します。

・サーチ
ワードを入れて検索出来ます。

・通知
押すと通知画面に遷移します。

・ダイレクトメール
Twitter内で直接1対1のメールのやりとりが出来ます。
DMと言われます。

その他画面

ツイートアクティビティ

各ツイートごとの詳細なデータが表示されます。

・Impression(インプレッション)
利用者のタイムラインまたは検索結果にツイートが表示された回数です。

・Engagements(エンゲージメント)
エンゲージメント(クリック、リツイート、返信、フォロー、いいね)の数を
インプレッションの合計数で割って算出した指標のことです。

・Detail expands
ツイートの詳細を見た回数のことです。

・New followers
このツイートから直接得られたフォローの数のことです。

・Profile visits
このツイートからプロフィールに飛んだ数のことです。

最後に

ブログと一緒にTwitterを始めて
いろいろ気付いたことがあったので
簡単ではありますがまとめてみました。

ツイートアクティビティは、
まだまだ使いこなせていませんが、
慣れたら分析に使えそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

気マぐレクローバー🍀
更新日 2022/06/23 現在

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました