PR

タニタの体組成計BC-768のスペック、メリット、デメリット、実際の使用感

タニタの体組成計BC-768
記事内に広告が含まれています。

最近、タニタの体組成計『BC-768』を購入しました。

これまで使用してた体重計が壊れてしまったので、新しいものを購入することになりました。

その際に、調べた内容や実際に購入&使用後の情報を記載していきます。

使用して1ヶ月ほど経ちましたが、購入して良かったと感じているので検討している方の参考になれば幸いです。

今回は、タニタの体組成計『BC-768』についてご紹介します。

この記事を読んでわかること
①タニタの体組成計『BC-768』の商品情報
②タニタの体組成計『BC-768』のデメリット
③タニタの体組成計『BC-768』のメリット
④タニタの体組成計『BC-768』のレビュー(使用した感想とAmazonのカスタマーレビュー)

タニタの体組成計『BC-768』の購入が向いている方
  • スマートフォン通信対応の体組成計を求めている方
  • コンパクトで収納しやすい体組成計をお探しの方
  • 健康管理で体組成計をお探しの方
スポンサーリンク

タニタの体組成計『BC-768』の商品情報

タニタの体組成計BC-768


タニタの体組成計『BC-768』は、スマートフォン通信対応のエントリーモデルです。

アプリ「ヘルスプラネット」に測定結果が全て記録可能。

データの変化を追跡し、最適な健康状態へ導きます。

あなたの体の変化を手軽に管理し、健康な未来へのお手伝いをしてくれます。

タニタの体組成計『BC-768』の製品特徴
  • Bluetooth通信を通して、iPhone・Android端末にデータを転送可能
  • コンパクト薄型ワイドタイプだから、置き場所も省スペース
  • 乗るだけで測定ができる「乗るピタ」※を搭載。
  • 使わない時は、立てかけ収納OK。
  • 登録人数は5人まで可能
  • 測定値が大きな文字で表示されます(文字高29mm)
  • ボタンを操作せずに乗るだけで電源ON

タニタの体組成計『BC-768』の仕様

タニタの体組成計『BC-768』の仕様です。

    本体寸法幅 316mm × 高さ 27mm × 奥行 217mm
    本体質量約 1.5kg
    個装箱寸法幅 356mm × 高さ 43mm × 奥行 261mm
    個装箱質量約 1.8kg
    製造国中国
    保証期間1年
    タニタHPの商品情報引用

    以下、詳細仕様。

    計量範囲0 ~ 150 kg
    最小表示0 ~ 100 kgまで 100 g 100 ~ 150 kgまで 200 g
    体脂肪率0.1 %単位 対象年齢:6 ~ 99 才  判定:やせ/-標準/+標準/軽肥満/肥満
    BMI0.1 単位 対象年齢:6 ~ 99 才
    内臓脂肪レベル0.5 レベル単位 対象年齢:18 ~ 99 才 判定:標準/やや過剰/過剰
    筋肉量0 ~ 100 kgまで 100 g  100 ~ 150 kgまで 200 g単位 対象年齢:6 ~ 99 才 判定:少ない/標準/多い (18 ~ 99 才)
    基礎代謝量1 kcal/日単位 対象年齢:18 ~ 99 才 判定:少ない/標準/多い
    体内年齢1 才単位 対象年齢:18 ~ 99 才
    推定骨量100 g単位 対象年齢:6 ~ 99 才 判定:少ない/やや少ない/標準/多い (18 ~ 99 才)
    乗るピタあり (立てかけ収納対応)
    通信方式Bluetooth® Low Energy technology
    過去メモリーなし (対応アプリで確認可能)
    表示文字高29 mm
    登録人数5 人
    その他の機能アスリートモード
    電源DC6V 単4形アルカリ乾電池(LR03)×4本
    主な材質ABS、PE、強化ガラス、ステンレス
    主な付属品取扱説明書(保証書付)、お試し用電池(単4形アルカリ乾電池(LR03)×4本)
    タニタHPの商品情報引用

    タニタの体組成計『BC-768』の機能一覧

    タニタの体組成計『BC-768』の機能可否一覧です。

    最小表示50g単位×
    体重を50g単位で測定できる高精度体組成計なら、わずかな変化も見逃しません。
    体脂肪率判定
    体内に蓄積された脂肪のことを体脂肪といいます。 体重に占める体脂肪の割合を体脂肪率といい、体脂肪率(%)=脂肪量(kg)÷体重(kg)×100で表されます。体脂肪が過剰に蓄積された状態が肥満とされています。 体脂肪率は年齢・性別によって適切な割合が異なります。自分の年齢・性別の判定をチェックしてからだの状態を確認してみましょう。
    内臓脂肪レベル
    腹腔内の内臓の隙間に付く脂肪のことです。 メタボリックシンドロームに代表されるように、内臓脂肪の過剰な蓄積は循環器系疾患などの生活習慣病の発症と密接な関係があるとされています。 タニタの体組成計では、内臓脂肪の蓄積の状態を内臓脂肪レベルとして表示しています。
    筋肉量
    姿勢を保ったり心臓を動かしたりしている、筋肉組織の重さです。
    筋質点数×
    筋質点数とは、「筋肉の質」を点数(0~100点)で評価したものです。 加齢や運動不足によって、筋肉量が減ってしまうことは以前からよく知られていますが、近年ではこれに加えて筋肉内にコラーゲンや脂肪などの筋線維以外の組織が増えるといった「質」の変化が注目されています。 筋肉は「筋線維」と「筋線維をとりまく組織(水分や脂肪、結合組織)」の集合体です。乳幼児のころは筋線維が細く、発育とともに筋線維は太く密になりますが、加齢に伴い筋線維が細くなることや、数が少なくなるという報告があります。 筋力の衰えや、身体機能の低下は「筋肉量」だけでなく、このような「筋肉の質(状態)」も影響すると考えられています。タニタは筋肉組織の状態を「筋質」と名付け、これを評価する新たな指標として「筋質点数」を開発しました。
    基礎代謝量
    さまざまな生命活動(呼吸をする、心臓を動かす、体温を保つなど)のために常に使っているエネルギー量を基礎代謝量として表します。 基礎代謝量は「生きていくために最低限必要なエネルギー」のことで、肉体的・精神的に安静であるときに、呼吸器・循環器系や神経系、肝臓や腎臓などの臓器がわずかに活動している状態の時に消費するエネルギー量です。 1日の総消費エネルギー量は、基礎代謝量と活動エネルギー量(日常の家事などを含む活動で消費するエネルギー)などを足したものになり、このうち基礎代謝によって消費されるエネルギーは約60パーセントにものぼります。 基礎代謝量は、個人の身体的条件(太っている、痩せている、筋肉質等)、年齢、性別によって異なります。そのため、体重1kgあたりで消費する基礎代謝量を算出し、年代ごとの平均的な値と比較して「少ない」「標準(平均的)」「多い」を区分し、基礎代謝量を判定します。
    体内年齢
    体内年齢は、体組成と基礎代謝量の年齢傾向から、どの年齢に近いかを表しています。 厚生労働省策定「日本人の食事摂取基準」の「基礎代謝基準値(体重あたりの基礎代謝量)」に基づき、タニタ独自の研究から導き出した年齢傾向から算出しています。
    体水分率×
    体水分とは、体内に含まれる水分の事で、血液、リンパ液、細胞外液、細胞内液などをいいます。体水分率は体重に占める体水分量の割合のことです。 体水分は栄養を運搬したり、老廃物を回収したり、体温を一定に保つなど体にとって重要な働きがあります。 体水分率は女性よりも男性の方が高い傾向にあり、加齢とともに減少する傾向が見られます。また、体脂肪率が高い人は低く、逆に体脂肪率が低い人は高い傾向があります。(このように体水分率は年齢、性別、体脂肪によって変化します) 体脂肪率が適正範囲にある人の体水分率は、男性が約55~65%、女性が約45~60%とされています。
    推定骨量
    からだを支えたり内臓や脳を保護するなど、大切な役割を果たす骨。その骨全体に含まれるカルシウムなどのミネラルの量を「骨量」といいます。 正しくは「骨塩量」といいますが、タニタでは一般的に用いられている「骨量」と表示し、脂肪以外の組織(除脂肪量)との相関関係をもとに統計的に推定した「推定骨量」を表示します。
    アクティブ度×
    「アクティブ度」は、体重を支える脚の筋肉量の割合が、同年代と比較してどの程度なのかをスコア(100点満点)で表示し4段階で判定します。
    BMI
    「Body Mass Index」の略で、身長と体重のバランスを表す指数です。国際的にも広く普及し、からだの中に占める脂肪量との相関が高いことからWHOや日本肥満学会をはじめ、さまざまな学会で肥満と低体重のスクリーニングとして使われています。BMIは体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出します。 BMIは18.5以上~25未満が標準範囲とされ、その範囲より大きすぎても小さすぎても病気にかかりやすくなるとされています。
    Bluetooth連携/WiFi連携〇(Bluetooth連携のみ)
    計測したデータをスマートフォンに送信し、対応のアプリで記録・確認することができます。 普段持ち歩いているスマートフォンと連携し、日々の健康管理、ダイエットをサポートします。
    脈拍数×
    1分あたりの脈拍の回数を体組成測定と同時に測定します。
    4cTechnology×
    からだを「脂肪」「ミネラル」「タンパク質」「水分」の4つの成分に分けて分析する「4C法」(4compartment model method)は、体組成測定のゴールドスタンダードとされています。タニタではこの4成分での分析を行うため、新たなアルゴリズムを開発。これにより、からだの厚みや体積など体格の個人差の影響を低減し、あらゆる生活者に対してより正確な計測値を提供することを可能としました高精度測定技術が「TANITA 4C Technology」です。
    左右部位別測定×
    全身だけでなく部位(右腕・左腕・右脚・左脚・体幹部)ごとに、筋肉量や体脂肪率などを計測する機能です。 部位ごとに現れる競技特性や個人差を把握することで、からだの状態や鍛えるべき部位に合わせたトレーニングメニューを構築し、一歩進んだボディーメークが可能になります。
    タニタHPの商品情報引用

    下記機能に対応している。

    • 体脂肪率計測
    • 内臓脂肪レベル
    • 筋肉量
    • 基礎代謝量
    • 体内年齢
    • 推定骨料
    • BMI
    • Bluetooth連携
    Q
    類似製品BC-766/767/768の違いは?
    A

    BC-766/767/768は、製品の仕様はすべて同じです。
    違いは、取り扱い店舗のみとなっています。

    BC-768:ネット販売向け
    BC-766/767:量販店向け

    タニタの体組成計『BC-768』のデメリット

    バツを出す猫のキャラクター
    • 体重計としては、高い
    • 体水分率の計測ができない

    体重計としては、高い

    体組成計なので、ただの体重計よりも機能が付いている分、お値段が高くなります。

    体重測定のみで良いのであれば、体組成計機能のついていない体重計を探した方がよいでしょう。

    個人的には、体重計以外の情報も知りたいので、このお値段で納得です♪

    タニタの体重計

    タニタ(Tanita)
    ¥2,000 (2024/04/29 15:53時点 | Amazon調べ)

    2024/04/29時点でのAmazonのカスタマーレビューは、5段階評価の4.2と高いです。

    体水分率の計測ができない

    BC-768には、体水分率を計測する機能は非搭載のため、体水分率は知ることができません。

    体水分率を計測できないと、全体的な体の状態が正確に把握できません…

    ただ、日頃から水分は、1-2リットル摂取しようと意識するという風に工夫で補うことができます。

    それでも、数字として知りたいという方は、体水分率が計測可能な体組成計を購入することをおすすめします。

    タニタの体組成計『BC-768』のメリット

    マルを出す猫のキャラクター
    • スマホと連携可能
    • 価格がお手頃
    • 乗ると自動で計測してくれる

    スマホと連携可能

    体組成計を購入する条件で、1番目に欲しいなと思ったのが、スマホとの連携機能でした。

    私は、平日毎日体重測定しているのですが、今まで使用していたものが、連携しておらず、手入力でアプリに入力していたので、手間だなと感じていました。

    そのため、次購入する際は、アプリ連携しているやつが欲しいと思っていたので、アプリ連携機能は重宝しています。

    朝の貴重な2-3分が省略されましたヾ(*´∀`*)ノ

    価格がお手頃

    BC-768は、手頃な価格で優れた機能と品質を提供します。

    Amazonのカスタマーレビューでも、5点満点中の4.2と高評価です。

    同じような機能の特徴で、探していた際に、別メーカーで実はもっと低価格の商品もあり、最初は別メーカーを購入する予定でした。

    その中で、なぜBC-768を選択したかというと、口コミを検索していたら、実は口コミがサクラだという情報を見つけ、よく見ると確かに悪い口コミがなかったのです…

    いろんな口コミサイトを比較したり、実際に電化製品店を回って、並んでいる商品を見たらタニタの商品がほとんどでタニタが一番売れている=安心できると判断し、購入しようと決意しました。

    ちなみに、電化製品点より、Amazonの価格方がお手頃でした。

    実際に使用して1ヶ月以上経ちますが、品質にも大満足で、いい買い物したなと感じています。

    乗ると自動で計測してくれる

    BC-768は、乗ると自動で計測してくれます。

    前のものは、傾けて電源を付けた後に計測する必要がありました。

    BC-768は、電源を入れずに、そのまま乗るだけで計測してくれるのです!!!

    1分も変わらないかもしれませんが、これが毎日だとかなり便利に感じます。

    タニタの体組成計『BC-768』のレビュー

    ネットの口コミのイラスト

    この章では、私のレビュー⇒Amazonのカスタマーレビューの内容を記載します。

    タニタの体組成計『BC-768』実際に購入して使用したレビュー

    下記の順番で記載していきます。

    • 購入したきっかけ/決め手
    • 商品到着後のセットアップ
    • 実際の使用感

    購入したきっかけ/決め手

    まず、購入したきっかけですが、これまで使用していた体重計が壊れてしまったので新しいものが欲しくていろいろ検討した結果、BC-768を購入しました。

    購入時の条件として、アプリ連携出来ること・体重以外の情報も欲しいといったものがあり、その中で価格も出来るだけ手頃なものがいいといった内容でした。

    私の求める条件で、他のメーカーでもっと安価の商品がありましたが、メリット部分でも記載した内容で、口コミがサクラというのを知り、諦めました。

    購入する際は、1つのサイト等の口コミを盲信するのは危険です。

    いろいろな視点で確認するのをおすすめします。

    いろんな口コミサイトや実際に家電製品店を訪問して、総合的な判断でBC-768を購入することに決めました。

    商品到着後のセットアップ

    到着後、商品のセットアップですが、説明書を見ながら実施して、体感2-3分ぐらいでできました。

    BluetoothでBC-768とiPhoneを連携して、必要な情報を入力していくので、スマホ操作に慣れていれば苦ではないと思います。

    個人的には、難しい作業ではありませんでした。

    実際の使用感

    セットアップ完了したら、あとは測りたいときに、タニタの体組成計『BC-768』に乗るだけです。

    たくさんの情報を計測するのに、時間は体感1分も乗ってません。

    乗ると「ピッ」と計測が始める音がして、「ピピッ」となると完了で降りて良い合図です。

    計測完了したら、画面上に測定結果が表示されます。

    その後、スマホの専用アプリを立ち上げれば自動で連携してくれます。

    毎朝の手入力からの解放で、時短でめちゃくちゃ便利です!!!

    しかも細かい情報も知れて、大満足です(∩´∀`)∩ワーイ

    Amazonカスタマーレビュー内容

    Amazonのカスタマーレビューは、2024/04/29現在、21,397件あり、星5段階評価の4.2という結果になっています。

    総合評価 4.3

    5.053%
    4.027%
    3.013%
    2.03%
    1.04%
    Amazonのカスタマーレビュー
    5.0
    口コミ

    データの同期がgood

    毎回スマホのアプリを立ち上げなくても、計測データはヘルスメーターに残っていて、後日まとめて取り込めるのが便利。
    他社ヘルスメーターでは、出来なかったので、本当に便利に感じます。
    アプリの方ですが、体重のグラフのみを利用しています。横軸の測定期間は選択できますが、縦軸の体重の目盛りを任意に設定出来ないのでグラフが見辛くなるのが気になりました。

    Amazonのカスタマーレビュー
    5.0
    口コミ

    毎日欠かせない物

    毎朝、欠かさず使用しています。ダイエットの為にトレーニングジムに通っていますが、自分の体を知るのも楽しみの日課になりました。携帯からも操作しやすいです。

    Amazonのカスタマーレビュー
    5.0
    口コミ

    コスパ最高

    身体の状態が気になり購入しました。色々見れて重宝してます。旦那と身体の状態を意識するようになりました。お値段も思ったより安くてびっくりしました。これからも健康維持していきたいと思います。

    Amazonのカスタマーレビュー
    4.0
    口コミ

    気軽に健康管理できます。

    アプリと連携し本人登録すると、アプリに記憶させた着衣重量も登録出来、そのまま全裸で体重計に乗ると登録している人の体重を記憶する機能もあって風呂上がりとかも体重(体脂肪等も測れます)測れて次にスマホと連動した際には連携前のデータも一緒に登録出来るから凄いと思いました。(少し表現下手です)

    Amazonのカスタマーレビュー
    3.0
    口コミ

    スマホとの連携が面倒くさい

    中国製の格安ヘルスメーターを使用していたが、半年で壊れたので、日本製タニタを購入。
    Amazonで、値段につられてイヤホン、ヘルスメーターを購入しても、結局のところ
    安物買いの銭失いになってしまう。
    本当、早くものが届くが、品質は悪いものも平気で売っているイメージ。
    両方とも評価を五つ星にすれば、更なる値下げをするとのことで、その嘘つき評価の片棒も担いでいるのでなんともいえないけれど、、。
    このタニタを購入するきっかけは、
    日本製であること、スマホ連携が出来ることであったが、スマホ連携が面倒くさい。
    中国製のイカれているヘルスメーターは、スマホでアプリを立ち上げなくても、自動連携していたが、コレはスマホのアプリを立ち上げてから、表示を確認した上で計測しなければならず、非常に面倒くさい。
    まさかタニタのスマホ連携がこんなにも遅れているとは、、失望した。
    正直、中国製の方が性能は秀逸。
    期待するのは耐久性だけかな。

    Amazonのカスタマーレビュー
    2.0
    口コミ

    普段使いしない

    スマホでアプリを起動してからでないと記録が残らない
    不便です

    Amazonのカスタマーレビュー
    1.0
    口コミ

    残念ながらお薦めはできません。

    去年の6月27日にAmazonで購入して今で9か月になります。使用して半年くらいから私と妻の計測値がバラバラに混ざることが始まり、今は3、4回に1回はそうなります。おそらく初期不良のものに当たってしまったのだと思いますが、日本製のものを応援したくて購入したので残念です。因みにその前のオムロンは25年使っても壊れませんでした。まだ保証期間内ですが直す気もありません。2度と買うことは無いでしょうね。

    Amazonのカスタマーレビュー

    以下、上記以外も含めて参考になりそうなコメントを抜粋

    • スマホと通信できない
    • 家族の計測が正しく本人計測にならない
    • 連続で計測すると計測値が変わる
    • 電池の減りが早い
    • 載るだけで自動で測定を開始するので、らくちん
    • 着衣重量も登録出来る
    • 前に使っていたものより、簡単にスマホと連動できた
    • サイズ感が良い
    • 毎回スマホのアプリを立ち上げなくても、計測データはヘルスメーターに残っていて、後日まとめて取り込めるのが便利。
    • スマホですぐデータが見られてとても便利

    悪い口コミだと、上手くスマホと連携出来ないや正しく計測出来ない等のレビューがありましたが、私は問題なく使用可能です。

    電池持ちに関しては、まだ1ヶ月弱なのでなんともいえませんが、今のところ問題なしです。

    良い口コミだと、乗るだけの自動計測・スマホとの連携が楽やデータ記憶・データが見れるのが便利といった声がありました。

    個人的にも同意でおすすめです。

    最後に

    今回は、
    ①タニタの体組成計『BC-768』の商品情報
    ②タニタの体組成計『BC-768』のデメリット
    ③タニタの体組成計『BC-768』のメリット
    ④タニタの体組成計『BC-768』のレビュー(使用した感想とAmazonのカスタマーレビュー)
    について記載しました。

    タニタの体組成計『BC-768』の製品特徴
    • Bluetooth通信を通して、iPhone・Android端末にデータを転送可能
    • コンパクト薄型ワイドタイプだから、置き場所も省スペース
    • 乗るだけで測定ができる「乗るピタ」※を搭載。
    • 使わない時は、立てかけ収納OK。
    • 登録人数は5人まで可能
    • 測定値が大きな文字で表示されます(文字高29mm)
    • ボタンを操作せずに乗るだけで電源ON

    タニタの体組成計『BC-768』は、コスパ最強のお手頃な体組成計です。

    お手頃価格で体組成計を試したい方におすすめします。

    BC-768は、あなたの健康ライフをより一層魅力的で充実したものにすることでしょう。

    ぜひ、満足感に包まれた新しい体組成計をご使用されてみてください♪

    この記事で紹介した内容が体組成計の参考になれば幸いです(❁´◡`❁)

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    気マぐレクローバー

    ・生活に役立つ雑記ブロガー
    ・ブログ歴2年目(2022.06月開始)
    ・Xフォロワー数2,000人
    ・Google検索のクリック数4,000/月
    ・単月収益4桁超え

    気マぐレクローバーをフォローする

    気マぐレクローバー🍀
    更新日 2024/04/29 現在

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました