PR

静電気に悩むあなたへ!即実践できる防止方法と原因

記事内に広告が含まれています。

静電気に対してこんなこと思っていませんか?
  • なんでこんなに頻繁に起きるの?
  • 毎回バチッとくるのが嫌だな
  • 冬場は特に気になる
  • 静電気のせいで物がくっつく
  • 何か対策はないのかな?

服を脱いだり、人や物に触れる際に、バチッとくるので、私も物に触れるのをよくためらいます…

そこで、この記事では静電気の原因や、即実践できる効果的な防止方法、さらには静電気が起きにくい体質にするための対策までを解説します。

本記事を通じて、静電気による不快な気持ちを軽減し、あなたの快適な日常に繋がれば幸いです(❁´◡`❁)

この記事を読んでわかること
①静電気の原因や即実践できる防止方法
②静電気対策の効果的なアイテム
③静電気体質を改善する対策

どんな人向けの記事?
  • 静電気に悩みを持っている方
  • 静電気対策を知りたい方
  • 静電気体質を改善したい方
スポンサーリンク

静電気を防止するための方法

静電気除去シートのイラスト

静電気を防止するための方法として、家にあるものを使用する方法・静電気防止アイテム・静電気をためにくい体質にするための対策についてご紹介します。

家にあるもので静電気を予防する方法

静電気は不快な体験を引き起こすことがありますが、身近なアイテムを利用して簡単に予防できる方法があります。

  • 室内の植物を増やす
  • 革製品を活用する
  • 空気加湿器を使う

室内の植物を増やす

植物は水を蒸発させ、空気中の湿度を上げる働きがあります。

特に観葉植物は効果的で、部屋に置くことで静電気を軽減できます。

静電気体質の私も、植物がたくさんある我が家では静電気がおきることはほとんどありません。

革製品を活用する

革製品は天然素材であり、静電気の帯電が少ない特性があります。

革の椅子や革の敷物を使うことで、身体への帯電を軽減できます。

空気加湿器を使う

家庭用の空気加湿器を利用して室内の湿度を調整すると、静電気の発生を抑えることができます。

特に冬季は乾燥しやすいため、積極的に活用しましょう。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

効果的な静電気防止アイテムやグッズ

静電気対策には様々なアイテムがあります。

一般的なアイテムをご紹介します。

  • ハンドクリーム
  • スプレー
  • ブレスレット
  • 除電グッズ

ハンドクリーム

手肌に塗ることで肌の乾燥を防ぎ、帯電の原因を軽減。

静電気を発生させにくくし、快適な手肌をキープします。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

スプレー

帯電しやすい場所にスプレーすることで、静電気を効果的に抑制。

家具やカーペットなどに均等に使い、まるで除電の魔法をかけるようです。

ブレスレット

手首に装着するだけで、静電気の発生を和らげます。

おしゃれなデザインも楽しめ、日常のアクセサリーとしても活躍。

除電グッズ

部屋に設置するだけで帯電を抑え、一気に快適な空間を作り出します。

手間いらずで効果的な静電気対策が可能です。

トラスコ中山(TRUSCO)
¥1,586 (2023/12/03 22:44時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

私は、静電気体質であちこちでよくバチバチさせているんですが、静電気除去シートがあるのとないのとでは大違いです!

会社に設置してもらったんですが、静電気除去シートがあると、安心してドアに触れることができます💡

静電気をためにくい体質にするための対策

静電気は乾燥によって生じやすくなります。

そのため、静電気をためにくい体質にするためには、乾燥対策が大切です。

  • 部屋の加湿をする
  • 肌の保湿をする
  • 肌を洗いすぎない
  • 湯船の温度は40℃以下に設定する
  • 天然繊維の衣服を身に着ける

部屋の加湿をする

空気中の水分量を増やし、部屋を湿らせることで、静電気が放電されやすくなります。

加湿器を使ったり、室内で洗濯物を干したり、水の入ったコップを配置すると、部屋の湿度を上げることができます。

静電気のお悩みを解消するために、部屋の加湿を積極的に行いましょう。

肌の保湿をする

肌を乾燥させないために、毎日の簡単な習慣で、肌をしっとり保ちましょう。

保湿剤は顔や手足だけでなく、お腹や腰など隠れがちな部分にも使って全身をケア。

特に、お風呂上がりが最適です。

市販の乳液やクリームを使って、肌に必要な水分を補給し、しっかりと肌を守りましょう。

肌を洗いすぎない

清潔を保ちたい気持ちはわかりますが、毎日力を入れて体を洗い過ぎると、皮脂も一緒に洗い流され、逆に肌が乾燥してしまいます。

汗をかきやすい部分や汚れやすい部分以外は、毎日石鹸を使って洗う必要はありません。

シャワーだけでも十分に汚れを落とせます。

石鹸を使う場合も、力を入れずに手で優しく洗うようにしましょう。

湯船の温度は40℃以下に設定する

お湯が熱すぎると、肌を保護している皮脂膜やセラミドが溶けてしまい、乾燥肌の原因になります。

湯船の温度は40℃ぐらいが適切です。

また、長時間お湯につかるのも同様の理由で避けましょう。

服装を選ぶ際は、天然繊維の衣服を身に着ける

天然繊維の服を選ぶと良いですね。

例えば、綿などの天然繊維は水分を吸収しやすく、静電気が自然に逃れやすくなります。

逆に、化学繊維は水分をあまり吸収しないため、静電気がたまりやすくなります。

肌にも優しいので、できれば天然繊維を選ぶと良いでしょう。

静電気対策の概要と原因

静電気のイラスト

そもそも静電気とは、物質内で蓄積された電気のことです。

人間の体を含む物質は、通常プラスとマイナスの電気をバランスよく持っています。

しかし、摩擦などの影響でこのバランスが崩れ、たまった電気が静電気となります。

例えば、洋服を脱ぐ際や物や人に触れた際にバチッとした感覚を経験したことはないでしょうか。

これは、プラスとマイナスの電気が急激に放出されることによるものです。

静電気が発生する主な原因

静電気が発生する主な原因は以下の通りです。

  • 乾燥した空気
  • 摩擦
  • 服の素材
  • 靴底と床の素材

乾燥した空気

空気が乾燥していると、物体が帯電しやすくなります。

特に冬季や空気が乾燥している環境では静電気が発生しやすくなります。

摩擦

物体同士が擦れることで帯電が生じます。

例えば、靴とカーペット、服と体、あるいはポリエステルなどの合成繊維同士の摩擦が原因となります。

服の素材

合成繊維や特定の素材は、摩擦によって帯電しやすい傾向があります。

天然繊維の服を選ぶと、静電気の発生を抑えることができます。

靴底と床の素材

靴底と床の素材の違いにより、歩行時に静電気が発生することがあります。

特に絶縁性のある素材同士では発生しやすくなります。

これらの要因が複合的に作用することで、静電気が発生することがよくあります。

静電気が起きやすい人の特徴

  • 乾燥肌の人
  • 乾燥した環境で過ごす人
  • 合成繊維の服を好む人
  • 靴底や床の素材の組み合わせが不適切な人
  • 髪が乾燥している人

乾燥肌の人

肌の水分量が不足している乾燥肌の人は、肌表面が乾燥しているため静電気が発生しやすくなります。

保湿が不足している場合、静電気による不快感が増します。

乾燥した環境で過ごす人

乾燥した空気が静電気の発生を助長します。

冬季や暖房の効いた部屋で長時間過ごす人は、静電気が起きやすい傾向があります。

合成繊維の服を好む人

合成繊維は天然繊維よりも静電気が発生しやすい傾向があります。

合成繊維の服を好んで着用する人は、静電気に悩まされることが多いです。

靴底や床の素材の組み合わせが不適切な人

靴底と床の素材が絶縁性のものであり、かつ摩擦が生じやすい組み合わせの靴を履いていると、静電気が発生しやすくなります。

髪が乾燥している人

髪が乾燥していると、髪の毛同士が摩擦しやすくなり、静電気が発生しやすくなります。

これらの特徴が組み合わさると、より静電気が発生しやすくなります。

静電気が起きない体質になるには、上記とは逆になるように、保湿ケアや適切な服装などで、静電気対策を行うことが重要です。

最後に

ちょっとした瞬間でイラッとくる静電気、私も経験あります。

特に乾燥した季節、不快な瞬間が増えますよね。

ただ、この記事で紹介した対策や方法、実践することで静電気から解放されることができるんです。

ちょっとした工夫で、毎日がもっと快適に過ごせるようになります。

ぜひ、この記事で紹介した方法を参考に、静電気に怯えることのない快適な生活をお過ごしください(❁´◡`❁)

最後までお読みいただきありがとうございました。

気マぐレクローバー

・生活に役立つ雑記ブロガー
・ブログ歴2年目(2022.06月開始)
・Xフォロワー数2,000人
・Google検索のクリック数4,000/月
・単月収益4桁超え

気マぐレクローバーをフォローする

気マぐレクローバー🍀
更新日 2023/12/04 現在

コメント

タイトルとURLをコピーしました